*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠し部屋付き社長室

2007.11.01
20071101112611.jpg

趣味の悪い拝金主義丸出しの猿橋NOVA前社長の社長室が公開された。隠し部屋までついていると聞いて,オウム真理教の麻原彰晃を思い出してしまった。放漫社長の裏生活が目に浮かぶような破廉恥な社長室である。会社が31億円の赤字でも,おのれの給料は3億900万円だそうな。
さてこれは,せっせせっせと金だけは払ってくれて,いっこうに英会話能力が上達しない日本人が五万といるおかげなのである。英語産業にとって,こんなに愚かでちょろまかし易いお客のいるジパングという国は,金が湧き出る無尽蔵の泉。しかも,とんと本人たちはその自覚がない。むしろ,「英会話の習得」という人生最大の意義ある目標に少しでも近づいたという満足げな顔つきすらしている。己が達成できなかった親たちは,その子供にその崇高な意志を継いでもらいたいと思い,せっせせっせと投資をいとわない。英語産業界の笑いが止まらないだろう。明治以来,英語の習得という名目で散財した我が国の財貨は天文学的な数字になるのであろうし,今も性懲りもなく続いている。「英語が喋れる」が一つのステータスとなり,特に「外人」というだけでどこか尊敬のまなざしで見る劣等感遺伝子に強く支配されている国。目の前の外国人がどの国の出身で,どういう教育背景があり,したがってどんな癖のある英語をしゃべるか・・何も知らず,何も考えずに盲目的にオウム返しする。もともと,しゃべる内容の習得を磨かないで,上辺の英語だけ喋れるようになろうとするのだから,初めからその限界は見えている。挫折し,英会話学校が合わなかったからだと自分に言い聞かせ,またお金を投じて次の学校を探す。
・・・・もうそろそろ気付いてもいいだろうに。いかに自分たちが拝英語思想に洗脳されているか。
「英語が話せます」それがなんだ。立派な日本語が喋れればそれでいい。専門的,技術的な会話は,技術用語が使えれば問題はないし,いざとなれば翻訳や通訳の専門がいる。本人が優れたものをもっていれば相手が敬意をもって日本語で意思疎通をしようとするだろう。日常不自由しない程度の会話は中学英語で十分。コミュニケーションなどというものは最後は人間力。ジェスチャー,表情,笑顔,内容の面白さ,これらが相手を引き込む。口先だけぺらぺら上手でも結局自分が軽いと空しい。
「異文化コミュニケーション財団」は,猿橋前NOVA社長の息のかかったでたらめな財団で,NOVAの児童向け英会話教室「NOVAキッズ」で使用しているCD付きテキストなどを全国各地の中学校に無償配布する事業を展開するというもんだそうだが,その実体はなく,やってもいない公益事業を行っていると装っていた
「英会話の習得が人生の目標です」などと臆面なく標榜する連中が闊歩するうちはこの国はタカリ続けられる。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/89-00eb8146
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。