*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人戦第4局封じ手

2007.10.11
meijinnsenn4kyoku.jpg

 高尾紳路名人(たかお しんじ30)に挑戦者の張栩碁聖(ちょうう27)が2勝1敗とリードして迎えた囲碁名人戦七番勝負の第4局が,静岡県伊豆市の「鬼の栖(すみか)」で始まった。
1日目の進行は,本来手厚い棋風の名人と地にからい挑戦者が、持ち味と逆の進行を選ぶという珍しい展開となった。
そこで,例によって,田無の天元名人による大胆封じ手予想 !
劫をしかけられたからには黙ってちゃいられないっしょ。ここは男らしく後先考えず(?)15-十四(赤丸)とぶった切るしかないっしょ。さあ,喧嘩だ喧嘩だーい。


=>結果!
大当たりー!!!!!!!なかなか名人も強い(テカ?)結果は,挑戦者の張栩碁聖が名人に141手で黒番中押し勝ち。右下の黒石は取りきったものの,上辺右の白石が虐殺され,ジッエンド。対戦成績を3勝1敗とし、名人位奪還にあと1勝。名人土俵際。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/85-e479d820
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。