*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔道?レスリング?

2007.09.16
judou1.jpg judou2.jpg

世界柔道で日本人選手の敗退が次々に報じられる。テレビで見ていると柔道ってこんな競技だっけと思うシーンが多い。堂々と組み合って,立ち技,足技をかけあうといった柔道のイメージからはほど遠い,まともに組み手も完成しないタイミングで相手の足下に滑り込み,地下を這いずるようなアクロバット的なレスリングのようであり,「ユウコウ」だとか「コウカ」だとかをセコセコ稼いで後は逃げ切るといった,武術本道からすると軽蔑の対象となるずる賢い計算高さのようなものが珍重される世界に成り下がっている。
確かにこれは「JUUDOU」であり,「柔道」ではない。少なくとも日本古来の武道の目指す姿ではない。そう割り切れば,あまりイライラしなくて済む。
こうなったら結果なんかどうでもいい。本来の柔道の精神とその姿の美しさに世界が気付くまで,正々堂々とした勝負に徹すればいい。あるいは,別に無理してJUUDOUの競技大会に出場する必要さえない。日本での全国大会をもっと充実させ,実質「柔道」競技の最高峰と位置づければよいだけである。その魅力に見せられた世界からの「柔道」競技者が集まって競ってくれるようになるだろう。そうなってこそ,真の柔道世界大会である。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/75-57d2bb12
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。