*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

使用電力のグラフ

2011.03.22
東電がネット上に「電力の使用状況グラフ」なるものをのせている。
juyo-j.gif

こちら=>
1時間毎の実際の使用電力が一目で分かり発信情報としては質が高くわかりやすい。なぜ,そしてどのくらい節電行動が必要かを,視覚的に訴える手段として利用するなら効果絶大であろう。
ただ残念なのは,東電にそういう発想がないのである。
まず,このグラフの見方についてポイントを突いた解説がないことが最大の問題である。
次のような解説を付ければいいじゃないか?
「極論すれば,ほとんどの人が寝ている夜中に夜更かしして電気を使ってもそれは痛くも痒くもありません。
ただ,可能最大出力を越える消費があると,我々の設備はパンクしてしまい,想定外の大混乱が起きます。
大事なのは,消費電力(瞬間の消費量のこと)のピークが発電能力を超えないことです。つまり,最も需要の多い,午前10時前後と夕方6時前後の消費を意識的に押さえてください。」
つまり,何が達成されれば停電なんかしなくて済むかをもっとポイントを突いて説明することである。このグラフの下に「本日のピーク時供給力 : 3,700 万kW」と文字で枠外にぶっきらぼうに書いてあるが,実にプレゼン手法としてはへたくそである。グラフの中に赤い横線を入れておけば済むことではないか。視覚的にも分かりやすいだろう。東電というクソ企業は,消費者に分かりやすく情報を伝えるという視点が決定的に欠落している企業である。ずぶずぶの親方日の丸体質の証拠である。
今,国民を発狂寸前に追い込んでいるAC広告の時間を買い取って,このグラフを常時表示し,この時間帯はあと~%の節電をお願いします」というメッセージをリアルタイムで流せくらいの発想はないんだろうか。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/316-334010aa
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。