*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター対策直前チェックドリル解答(Q29-41)

2010.12.27
Q34,37,39,41 ができればたいしたもの。
解答: TFFTT TTFFF TFT
解説:
Q29. T 右に伝わる縦波の各媒質は,左右に振動している。
Q30. F 定常波の波長=背景を走る波の波長
Q31. F 定常波の振動数=背景を走る波の振動数
Q32. T 
Q33. T V=331+0.6t だから気温が上昇すると,音速は増す。波の基本式より,λ=V/f だから,V が増加するとλ が増加する。共鳴する気柱の長さ L は,開口端補正を無視すれば,L= (2n -1)λ/4 で与えられるので,λの増加に伴い,L が増加する。
Q34. T クリップを挟むと,質量が微増するので振動数が下がる。
Q35. T スリット間隔は Lλ/d d に反比例する。
Q36. F 0次回折光だけは白色である。
Q37. F 振動数が上がるので,5秒以下で聞き終わる。送り出された波の数と受け取る波の数は同じである。
Q38. F f={(V+w+v )/(V+w+v )}f。=f。(w:風の速さ,v :観測者と音源の速さ)
Q39. T 広がりの角度の目安は,sinθ= λ/d
Q40. F レンズの一部でも残っていれば,像は完全なものができる。ただし,明るさは減少する。
Q41. T 空気層の厚さが λ/2 変化するごとに干渉縞が現れる。ガラスを押さえつけることで,上のガラスブロックの傾きが減少するので,干渉縞は広がる。


歓迎 ==> 下の「comment」をプチッ!と

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/290-0ca9469d
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。