*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センター対策直前チェックドリル解答(Q13-28)

2010.12.20
Q14,16,20,28 が引っかかりやすそうですね。
解答: TFFFT FFFTT FFTFT T
解説:
Q13. T 粗い表面をもつ静止している板に他の物体が滑り込んできて,その結果板が運動を開始するような場合。
Q14. F 「力学的エネルギーが変化する。」→「運動エネルギーが変化する。」 これをエネルギーの原理という。
Q15. F 「外力がはたらくと」→「非保存力がはたらくと」(一般的に)
Q16. F 「x伸びるごとに,」→「自然長からxだけ伸ばすと,」
すでにいくらか伸びているときは,*となる。
Q17. T 例えば高さh1の場所から高さh2の場所まで物体が移動したとき,重力のする仕事は,gmh1-gmh2
Q18. F 正しくは「運動エネルギーが変化する」ではなく「力学的エネルギーが変化する」。
Q19. F 運動エネルギーは力学的エネルギーの一部であることは正しいが,位置エネルギーの符号が正にも負にもなるので,大小関係は不明。
Q20. F 温度が同じ2物体を混ぜても(接触させても)温度は変化しない。
Q21. T 1cal=4.2J。
Q22. T hPaはヘクトパスカルと読む。
Q23. F 等温変化では,体積が変化するので,気体に出入りする仕事は0ではない。内部エネルギーの変化がない(等温変化)ので,熱の出入りがある。
Q24. F 例えば断熱圧縮では気体は仕事をされるが,熱の出入りがないので,内部エネルギーが上昇する。すなわち温度が上昇する。
Q25. T 定圧膨張では,シャルルの法則が成立する。「圧力が一定のとき,体積は絶対温度に比例する。」
Q26. F 「気体が吸収する熱と,内部エネルギーの和が一定」→「気体が吸収する熱と,内部エネルギーは等しい」
Q27. T 1kWh=1000J/s×3600s=3.6k×10^6J
Q28. T 電力はP=V^2/Rで与えられる。Rは抵抗値で,温度とともに上昇する。60W電球のフィラメントはスイッチ投入後温度が急上昇し,発熱と放熱のバランスがとれたところで温度が落ち着く。このときの抵抗値が60Wの電力を消費する。電球を点灯した直後,抵抗がまだ小さいので,その消費電力は60W以上である。

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/285-4510c763
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。