*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010センター物理解答解説

2010.01.28
2010年度センター試験物理I結果分析
予想平均点 54点(昨年 64点)
 大問構成は例年通で、第1問が小問集合,第2問が電磁気,第3問が波動,第4問がエネルギー&力学。
 全体的な印象として,2次試験のミニチュア版であり,センターの特徴である,生活の中に題材を見いだすような工夫された問題が姿を潜め,ありふれた新鮮味に欠ける問題ばかりだった。

 各大問ごとにみてみよう。
 第1問の小問集合は,昨年の手回し発電機のような,話題になるような問題が姿を消した。寂しい限りである。今年は出題者の発想が貧困だった・・・これにつきる。
 第2問の電気回路も,電池の起電力と端子電圧の違いをついた問題で,理系の生徒にはおなじみの問題だが,やや重箱の隅的な問題であり,センターで扱うにはもっと導入に工夫がいるだろう。理系の生徒なら問題集で一度は見ているだろう出題形式だったからよけいに工夫の無さが目立ってしまう
 第3問の波動分野も,光ファイバーのありふれた問題を出してくる当たり,よっぽど創作意欲の無い出題者なんだなと感心させられる。新鮮味という観点からは物足りない問題である。
 第4問の気体分野は,カリキュラムをやや逸脱気味の「ボイル・シャルルの法則」主体の問題であった。エネルギーの入れ物としての気体の取り扱いが主流だったのにその流れに逆行する問題であり,作題担当者がいわゆる「KY」なのであろう。力学分野では問6が加速度の本質を問う良問であった他は,特に感心させられた物がなかった。全体的に出題者のミスチョイスではないかと思われる。受験生の必死の準備に十分答えるだけの真剣勝負の作題を願いたいし,まずはその能力のある人間を選出してほしいものだ。センター試験の評価システムを早急に確立すべきであろう。


10center解説タイトル
>>>センター本試詳細解説

10center問題タイトル
2010センター試験物理問題&解答


歓迎 ==> 下の「comment」をプチッ!と

Comment

管理人のみ閲覧できます -

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.12.26 Sun 17:58 [ Edit ]

アリャマー - boyakker

> 詳細解説の第3問問4の答え dcosθ=mλ じゃないですか
おっしゃるとおりですね。
通常の角度の設定とは異なっていますね。
気づきませんでした。
ありがとうございます。
2010.12.26 Sun 23:28 URL [ Edit ]

- ちちぶ

予想問題の解説ってありますか
2011.01.11 Tue 23:20 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/254-ad20c0ca
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。