*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老いてなお盛んな小田和正

2008.12.26
今年もTBSの「小田和正のクリスマスの約束2008」を見てしまった。
61歳になっても衰えることのない音域には圧倒された。
コンサートを包み込むオーラは感じるが,どこかシラけた雰囲気が流れている。
番組中ずーっとあらかじめ書かれた原稿を手に持って読むように,しかも棒読みっぽく話しをしていたところをみると,トークがよほど苦手なのだろう。
普段あまり周りと打ち解けて話すこともない印象である。
かつてタモリが,「自分の才能を鼻にかけた高飛車な態度が気に入らなくて,小田和正が嫌いだ」と公言していたことを思い出した。
会場で間を持たせるためだろう,彼が訪れた日本のいろいろな名所でのファンとの交流の様子をビデオを流していたが,群がるのおばさんたちに迷惑そうな態度を取り,陰口で「ババア」呼ばわりしていたのには,正直引いてしまった。子供も苦手のようである。おそらく,歌手としては他の追随を許さない歌唱力を持っていることで,周りが持ち上げてくれ気遣ってくれたので,よけいな煩わしい人間関係の荒波にもまれていないのでは?結局,他人を思いやったり,おべんちゃら一つもいえない人間になってしまったのではと推察する。これでは,アーティストとしての魅力も目減りしてしまう。
 そういえば,オフコース時代,彼らの歌う歌の歌詞内容が全体的に軽薄で,結局,出逢った女性を手当たり次第口説く歌だったり,一人の女性に飽きたので何とかもっともらしい口実で別れ話しを持ち出す歌だったりといった印象しかなくて,あまり好きになれなかった。ただ,高音域の声の伸びはすばらしいと思っていた。
 今では彼も初老の歳になり,創る歌も少しは深みのあるものになってきた感じがするが,年相応の成長をして,いつまでも魅力的な歌手として活躍してもらいたい。


歓迎 ==> 下の「comment」をプチッ!と

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/200-8bfdd5b4
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。