*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しい虹!

2008.11.28
CZA2.jpg

 立川の生徒が,デジカメで撮った虹の写真をプリントアウトしたものを持って来た。先日の授業で虹の仕組みについて説明したばかりで,
「今後の人生で美しい自然の虹に出逢う機会はそれほど多くないだろうから,出逢ったら是非カメラに収めておきなさい」
と言ったばかりだ。「朝方,空の真上にこんな虹を見ました。これはどうなっているんですか?」と質問に来た。

 たずねると,太陽は写真の下にあり,虹は空の真上の位置にあったという。通常の虹の場合,太陽は観察者の背の方にあり,地面に対してトンネルのような曲率となる。アリエナーイ!

 「この写真,上下が逆さまじゃないの?」と言ったが,そうではないという。そうなると普通の虹ではないことは確かだ。素直に「分からないので調べてみる」と言って,了解を得た。
 気になったのでネットで調べると,何とあった!
「Circumzenithal Arc(天頂弧)」あるいはイキに「"a grin in the sky (空の笑顔)」と言うんだそうだ。
 いわゆる太陽の「カサ」の一種で,氷の結晶による光の屈折から起こるきわめてまれにしか見られない現象のようである。これまでに世界でも数例しか報告がないという!
 すばらしい出逢に感謝!


歓迎 ==> 下の「comment」をプチッ!と

Comment

- どやどや

素敵な写真♪♪
額に入れて、飾っておきたいですね~
実際に見れたら、もっといいでしょうけど^^
2008.11.28 Fri 23:26 URL [ Edit ]

自然は巧まず - boyakker

素直に感動できますね。
おそらく多くの人が見ているのでしょうが,あっ!虹だ!くらいで見過ごしているのでしょう。
何とか画像データを手に入れたいなと思っています。
2008.11.29 Sat 00:30 URL [ Edit ]

- 十希

去年、虹の説明を先生が授業でしたことを今でもよく覚えてます。
その時、虹は丸いということすら知らなくて(笑)両親に自慢したことを覚えてます(笑)

写真の虹、綺麗です^^
名前があるんですね!!
これからも体調に気をつけて頑張って下さいです。
2008.11.29 Sat 00:37 URL [ Edit ]

感謝 - boyakker

十希さんは初めてのコメントです?か?ね?
ありがとう。頑張ります。
2008.11.29 Sat 23:49 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/198-af8b95fb
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。