*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンダ騒動

2008.05.03
panda.jpg
                        中国ニュース通信社
 上野動物園で人気を集めていたジャイアントパンダ「リンリン」(♂)が、4月30日午前1時56分に死亡した。22歳7か月だった。
これで日本にいるパンダは全て中国からのレンタルのもので8頭となった。一方,中国国内では人工飼育がかなり成功していて,その頭数が239頭に達したそうな。

 今回のパンダの訃報は政治的に微妙な時期の出来事である。
中国の胡錦濤国家主席が5月6日の連休明けに訪日予定であり,その手みやげにパンダをという交渉が水面下で進行中と聞く。支持率がレッドゾーンに突入した我が国の現政権にとって,藁をもつかむ思いでこの好機を利用しようとしているのだろう。「パンダ外交」で日中友好ムードを演出し,願わくば支持率急降下に歯止めをかけようとの思惑がミエミエである。まさに「支持率寄せパンダ」

 しかし,ことはそんなに単純ではない。毒餃子,東シナ海の油田,チベット問題等・・対中国案件が未解決のまま積み重なっているのである。たかが「レンタルパンダ」数頭で,その追求の矛先が鈍るようなことはよもやござりますまいな。

 パンダがいない上野動物園なんてとの意見もあるが,北海道の旭山動物園のように独自の工夫で集客に成果を上げている動物園もある中,「目玉」だけに頼ろうとする従来の動物園経営の姿勢に一石投じるいいチャンスかもしれない。石原都知事の「御神体じゃないんだから、いてもいなくてもいいんじゃないの」発言は,タイミング的にややデリカシーに欠ける感はあるが,正論であろう。年間約1億円のレンタル料も法外である。

 そして何より驚くなかれ,パンダってのは、もともとチベット山岳地帯に生息している珍獣だってことだ。ついでにチベットは鉱物資源も豊富に埋蔵されているという。

 なぜ中国が当然のようにチベットを自国領土だとの主張に固執するのか?その魂胆が見えてくるではないか。日本の領海内に眠る資源を盗掘して恥ともしない中国だから,チベットに自治権を与えるわけがない。チベットにとって中国は必要ではないが,中国にとってはチベットが欲しい。これが不幸の構図。まさに蛇ににらまれたカエル・・

 手つかずの自然の中で平和に暮らしていた,無垢であどけない世界の珍獣は,自然破壊が進行する中,人工飼育でしかその絶滅を逃れるすべはなく,しかも外交の具としていいように扱われ,すっかり人間の手垢で薄汚れてしまった。パンダの歪められた運命がチベット民族の滅亡の悲哀と重なって見えるのは偶然ではない。共にそっとしておいてあげられないのか

歓迎 ==> 下の「comment」をプチッ!と

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/137-09a16862
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。