*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

08センター物理 詳細解説

2008.01.22
2008年度センター試験物理I結果分析
予想平均点 64点(昨年 64.4点)
 大問構成は昨年同様で、第1問が小問集合,第2問が電磁気,第3問が波動,第4問が力学。
 全体的な印象として,昨年のような,生活の中に題材を見いだすような工夫された問題が姿を潜め,無難なやや新鮮味に欠ける問題に後退した感がある。
 また,力学のウエイトが高過ぎ,その結果,熱・気体分野からの出題が1題も見られないなどやや出題分野のバランスにも問題がある
 各大問ごとにみてみよう。
 第1問の小問集合は,物理常識,概念確認といった性格の問題と,大問で扱わなかった重要テーマの補充といった役割があるはずであるが,今回は,5問中2問が力学分野からの出題であったが,テーマが大問4の力学の問題とかぶっているのと,問題自体が創作性に欠けたありふれた問題であった。昨年の,廃棄物処理装置などの感心させられるような問題が姿を消した。
 第2問の電気回路,磁気分野の問題はよく工夫された問題であり,直列回路の本質が分かっていないと解けない。
 第3問の波動分野は,レンズとドップラー効果からテーマをとっているが,いずれも現象の本質を定性的に確認する良問である。
 第4問の力学分野は,前半が運動方程式,力学的エネルギー保存則,後半が力と力のモーメントのつり合いの問題である。バランスはいいが,前半の問題が99年度の本試と同じテーマを扱い,装置の図もほぼ同じという情けない問題になっている。特に力学分野の問題などは,工夫次第で無限のパターンがあるはずなのに,敢えて過去問題に類似させたということは,こういう前例を作って要求される作題レベルのハードルを下げておこうという情けない魂胆が見て取れる。出題者の適性さえ疑われる。受験生の必死の準備に十分答えるだけの真剣勝負の作題を願いたい

08center問題タイトル
http://nyushi.yomiuri.co.jp/nyushi/center/08/2/exam/412/1.htm
08center解説タイトル
http://www.asahi-net.or.jp/~az2h-tnb/blogentrance.html

Comment

やべっ(汗) - 11122425

二次で物理を使うようになったかもなんですが、大ピンチです。
今度はいつ【松戸】に来られますか?

もう来ないとか?(笑)
2008.01.22 Tue 15:00 URL [ Edit ]

- boyakker

1/28  松戸で午前中にフェローとして質問受けやりますよ。午後は筑波大対策講座。
駆け込み寺としてお使いください(笑)。
2008.01.22 Tue 15:35 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://9chann.blog94.fc2.com/tb.php/108-1d4792cd
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。