*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

2013年03月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳障り

2013.03.17
以前にも書いたが,利用している西武新宿線が,というよりは西武鉄道がといった方がいいのだろうが,実におかしなサービスを継続している。
それは,盲導サインのつもりらしいのだが(車掌に尋ねたらそうという話であった),電車の全ての乗車口に機器を取り付け,およそ3〜4秒毎に「プーーン」という電子音を鳴らすサービス(?)である。その存在の意義が不明な代物である。気になり出すと実に耳障りな音で,新幹線などでしつけの悪い子供がゲーム機をいじっているときにいらいらするあの電子音を思い起こさせる。ところで,西武線は乗り継ぎを非常に重要視する線で,1本の電車が何らかの事故で遅れると,それに乗り継ぐはずの電車がずーーーと待って,乗り継ぎを完成させようとする。電車の遅れは連帯責任か!最終便がらみのときはそうして当然であるが,そうでない通常の時間のときは,乗客の大半は待たされる側の人間なのだから,時間通りに運行してくれないと困る人間もいるはずである。出発の時間がきても4分5分と遅れた電車に付き合わされるのは,自分に落ち度がないだけに勘弁して欲しいと思うであろう。さらにこの間,タダでさえいらいらさせられているところに,追い打ちをかけるように単純な電子音を3〜4秒毎にずーーーと聴かされる乗客の苦痛を考えたことがあるのだろうか。こんなサービス本当に要るんだろうか?目の不自由方に不便をかけたくないという精神は買うが,もっと他にやり方があるだろうに。紛争解決に金だけ出して人的分担をしない,世界から顰蹙を買う日本の態度に通じるものがある。駅員が一人ホームに出て注視していれば済むことを,それをさぼって,家畜を呼び寄せる鳴子よろしく電子音を機械的に流すことでこと足れりと判断した担当者のセンスを疑う。目の不自由な乗客は,その存在を共通認識としてもっているのだろうか。もしそうなら,他の鉄道会社も設置しているだろうに。こんな浅薄で暖かさを感じないサービス一刻も早くやめて欲しい。


歓迎 ==> 下の「comment」をプチッ!と
スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。