*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

2011年03月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然光

2011.03.25
特急あさかぜ かつての特急「あさかぜ」車内

私鉄の西武線に昼間乗ると,妙に懐かしく落ち着く印象があった。
何だろうと思って気づいたのは,車内の蛍光灯が消されていることだ。
つまり車内にあふれる自然光が織りなす陰影のコントラストが昔の記憶をたぐり寄せたのであろう。
昔はこうだった気がする。バスにしろ電車にしろ昼間に電気をつけていないのは当たり前だし,夜乗車すると薄暗いというのが相場であり,慣れてしまえばそれが当たり前の光景であった。
ひるがえると,今日,公共の乗り物や駅やデパートやスーパーやコンビニなど,必要以上に明るすぎる!
我々も「照明の明るさ=上質のサービス」と少しずつ洗脳されてしまっていたんだろう。これこそ無駄使いの冴えたるものだ。今回の震災は,こういう社会全体のエネルギーの無駄使いを真摯に反省するいい機会になろう。
また,これが東電の「迷惑停電」を避ける最良最短の道だと確信する。
石原慎太郎氏のいう「天罰」とはこういう意味合いも含むだろう。
(一部頭の悪い国語力のない報道記者が,何を歪曲して誤解したのか「災難民に対して不謹慎では?」などという的はずれな質問をしていたが・・「誰に対して天罰が下った」と解釈したんだろう,理系の小生でも違和感を覚えた。こんな馬鹿な記者の発する「無視して可の質問」にもキレずに答えなければならない立場も辛いね。それにしても昨今の報道記者の質の低下と柄の悪さ(まるで恫喝ヤクザ)は目に余るものがある。)

スポンサーサイト

使用電力のグラフ

2011.03.22
東電がネット上に「電力の使用状況グラフ」なるものをのせている。
juyo-j.gif

こちら=>
1時間毎の実際の使用電力が一目で分かり発信情報としては質が高くわかりやすい。なぜ,そしてどのくらい節電行動が必要かを,視覚的に訴える手段として利用するなら効果絶大であろう。
ただ残念なのは,東電にそういう発想がないのである。
まず,このグラフの見方についてポイントを突いた解説がないことが最大の問題である。
次のような解説を付ければいいじゃないか?
「極論すれば,ほとんどの人が寝ている夜中に夜更かしして電気を使ってもそれは痛くも痒くもありません。
ただ,可能最大出力を越える消費があると,我々の設備はパンクしてしまい,想定外の大混乱が起きます。
大事なのは,消費電力(瞬間の消費量のこと)のピークが発電能力を超えないことです。つまり,最も需要の多い,午前10時前後と夕方6時前後の消費を意識的に押さえてください。」
つまり,何が達成されれば停電なんかしなくて済むかをもっとポイントを突いて説明することである。このグラフの下に「本日のピーク時供給力 : 3,700 万kW」と文字で枠外にぶっきらぼうに書いてあるが,実にプレゼン手法としてはへたくそである。グラフの中に赤い横線を入れておけば済むことではないか。視覚的にも分かりやすいだろう。東電というクソ企業は,消費者に分かりやすく情報を伝えるという視点が決定的に欠落している企業である。ずぶずぶの親方日の丸体質の証拠である。
今,国民を発狂寸前に追い込んでいるAC広告の時間を買い取って,このグラフを常時表示し,この時間帯はあと~%の節電をお願いします」というメッセージをリアルタイムで流せくらいの発想はないんだろうか。

ACのコマーシャル

2011.03.21
AC広告が異様に連鎖反応して暴走している。
どのチャンネをかけても,公徳心の押し売り広告,ガン検診のよけいなお世話広告,優しさ思いやり推進広告(?)等がまさに洪水のように,何度も何度もオンエアーされている。気分悪くなるほどの頻度で国民を洗脳したいがごとく繰り返されている。流している放送局の番組制作者の精神構造が知りたい。こんな流し方をすると,最も効果的なネガティブキャンペーンになっていることが分からないんだろうか。実にセンスのない連中が番組編成をやっているんだなとつくづく思う。ゆったりとしたBGMで美しい自然の風景でも流してくれていたほうがよっぽど心休まるというもの。

==> 全くこんな気分 である。

ご冥福をお祈りします。

2011.03.20
今日,教え子のお通夜に行ってきた。
今回の津波の直接の被害者である。
この春東北の大学を卒業し,昨日母校の高校への赴任通達が届いたそうだ。
何という過酷な運命。
ご家族のみなさまに心よりお悔やみ申し上げます。
今回の被災で無念の死をとげた多くの未来ある命に思いをはせると心が痛む。

改めて腹立たしく思うのは,被災地の復興の大きな妨げになっている福島原発の放射能漏れ事故。
いよいよ農作物酪農等への被害が現実のものとなってきた。
原発の後処理の放水作業での自衛官や消防特殊部隊の命を張った作業はそれ自体立派だとは思うが,ある意味当然なのである。患者を見捨てず自らの健康のことを顧みることなく患者を助けようとする医者がいるように,それが彼らの仕事なのであるから。
一部マスゴミコミは,この部分だけを英雄視する取り扱いに終始し,会見での部隊長の泪をことさら写し,さらに追い打ちを掛けるように家族のことに質問を向けるなど,お涙ちょうだいの想定答弁をむさぼる無能三流記者ぶりを発揮して,結果,国民の目を問題の本筋から外れた方向へ向けさせている。
東電は放射能濃度の高い炉に直接放水する危険な作業は,危険処理のプロに任せて,津波でパーになり,今回の災害の直接的な原因となった電源回路の正常化に必至であるようだ。
ところが,専門家の解説が引っかかった。電源が復旧しても配線やモーターが津波の影響で正常に働くかどうか分からないという。ちょっと待てーーー!
想定外だったのは4つの緊急用電源が全て同時に不能になったことだけじゃなかったということか?
電気系統やモーターなども津波対策はできていなかったということか?施設全体が津波で海水をかぶるという自体を想定していなかったということか?
では,原発自慢の何重もの安全対策というのは,実は,何重もの危険招来策だったということか?

いずれにしてもこの騒動が収まった先に待っているのは,東電および歴代行政の癒着産物であるこの危険きわまりない不完全な原発を,絶対安全だと強弁し,札束で反対住民をねじ伏せてきた,歴代の政府(腐れ自民党だったことは忘れてはならない)および監督官庁関係機関の責任者,東電の幹部の徹底的な責任追及である。これだけの人の命と土地と生活と未来全てを奪い去った罪はどんな言い逃れもできない。

原子力発電所

2011.03.18
今後,新たな原子力発電所は不可能だろうが,もし,作るとしたら,30m級の津波に耐える防護壁内に作らなくてはならないだろう。それでも亀裂の入った壁から中へ染み込んでくるのが水害の怖さである。
そこでいっそのこと逆転の発想で,海岸近くの巨大な地下壕に発電所を設け,常時頑丈な蓋をしてその中で発電させる。
津波が来ても慌てることもない。やり過ごせばいいだけである。
それでも万が一,今回のような事故へと発展し,放射性燃料の発熱を押さえられなくなったら,蓋を明ければ,自然に海水が流れ込んでくるし,ついでにそのまま蓋をして,地下に葬り去ってもよい。ヘリによる放水などという二階から目薬を差すような恥ずかしい処置を世界にさらさずに済む。
すばらしいアイデアではないか! 今の内に特許とっとこーっと。

計画停電??

2011.03.17
東京電力の「計画停電」
いったい,いつ,どこであるのか,はたまた,あるのかないのか?さっぱり分からない。
送電エリアが行政区画と一致しているわけではないので,正確に伝達するのは難しいのは分かるが,ならばいっそう正確に迅速にその情報が伝わる工夫というものが必要になる。こんなとき言葉より,地図での案内の方が遙かにわかりやすい。その観点からすると実にお粗末な情報発信である。
特に「~の一部」という表現はやめて欲しい。こういわれても受け取る側には不安しか残らない。表現として正確を期そうとする余り,肝心の情報価値が損傷している。
僕の所は第3グループナンバーJに入っていて,今日は15:20頃~19:00までの停電地域なのに,停電しない。
昨日は,夕方から夜にかけて停電があったが,今日は外れている。スイッチの切り忘れかい?
停電を逃れて文句を言うなといわれそうだが,そうじゃなくて決められたことが起こらないと,情報の受け方にミスがあったのかと不安になる。


東京電力のHPに次のような注意事項がある。
 ※アクセス集中により、つながりにくい場合がございます。その場合は、時間をおいてからアクセスください。
このメッセージを見たということはつながっているということだから意味ないし,つながらない人にはこのメッセージは見えないのだからやはり意味がないだろっ!論理破綻してるじゃないか!ボケッ
 ※グループ毎の時間帯は、開始・終了時間が多少前後することがあります。
こんな事態だから,1秒たりともずれず正確に始まるなどと考えている人はいないよ!
 ※当日の需給状況によっては、予めお知らせした時間以外にも停電する場合があります。
えっ?
 ※また、当日の設備状況によっては、お知らせしたグループと違う時間帯に停電させていただく場合があります。
えっ?えっ?えっ?
つまり総括すると「何でもあり」ってことになるんだけど・・・「<計画>停電ってナニ?」

名称を初めから「行き当たりばったり停電」とすればこんな不満は解消されるのに。

おかしな話

2011.03.15
原子炉圧力容器<格納容器<原子炉建屋
この鉄壁三重構造・・・
誰も気づかないのかな?なんか変でしょ?

三重構造になっているということは・・常識的には中が壊れてもその外が守ってくれる。万一それが壊れても最後のコンクリート建屋が放射能が散逸するのを押さえてくれる。この順で想定されているはずでは・・
今回,外から吹っ飛んでる!
安全神話はほんとに神話にすぎない......

迷惑な東電?

2011.03.14
朝令暮改
大きな組織が国民に向かって前日に決定し,翌日の今日に実施した(はずの)節電停電が,結局ほとんど実施されなかった。東電はいったい何がしたいのかよく分からない。
この状況で国民の意識が節電に向かっていることは予測できるだろうし,大手消費口の交通会社各社が運転中止を決めた段階で相当量消費電力は低下することは素人でも分かる。それを「予想以上に需要が伸びなかったので,予定した停電を中止する・・・いったいこれはなんだろう」そんなに消費データがつかめない組織なんだろうか。それなら,最初から大口消費組織に節電分担を要求して,一般家庭については節電を呼びかけることで停電まで踏み切ることはしないという方針で行けばよかったのではないのだろうか。消費の動向を見て柔軟に対処する??耳障りはよく聞こえるが,自らには判断力も決断力もないふわふわした組織だということ露呈させているにすぎない。こんな優柔不断な会社にエネルギーの管理を任せておいていいのだろうか。彼らは国民生活を混乱にと陥れた張本人であるとの自覚もないし,その能力もないのではと勘ぐりたくなる。これでは国民生活の混乱はますます加速する。
交通会社各社も自らの持つ公共性を考えれば,特定の路線を完全運休させるという決定は安易にやるべきではない。全体的に本数を減らす,深夜の運転を早めに切り上げる等の段階的措置で対処すべきである。

国難

2011.03.14
今日,計画停電が開始するそうだ。
国民への説明期間があまりにも短すぎる。
多くの混乱が生じるであろう。
僕の住む場所も西武線がほぼ全域で運休だそうだ。広域にまたがる鉄道だから,全域での電気の確保が無理だということか?日頃,夜中中無人の駅構内煌々と照らしていて何と無駄なことをするなと思っていたが,さすがに今後はやめるだろう。それにしても,やり方があまりに極端に過ぎると思う。
とりあえず,今日はどこへも一歩も動けない。
僕自身は特に逼迫した用事もないのでどうということはないが,
実際問題いろいろと市民生活に大きな影響が出ることは必至である。
会社つとめの人や,当日面接試験の人などは状況が分からないまま駅まで足を運ぶ人がいるだろうと思われる。
地震で疲弊していく日本が見える。治安が保持されればいいが。

日本崩壊

2011.03.12
政治・外交で閉塞感が充満していた日本で,国民の怒りが爆発する前に,天から天罰が下った。
文字通り物理的に国土の崩壊のスイッチが入った。
超最大級としか表現のしようのない地震は,筋書きどおり超大型津波と,制御不能の広域火災で多くの人間の命と住処を文字通り流し去り,燃え尽くし,未だに驚異をふるっている。
誘発型の地震が続けて起こる危険性が増大して,手のつけられない崩壊が始まった感がある。
特に,懸念されていた原発が制御不能に陥り,放射能が漏れ始めた。人間がご都合主義ででっち上げ,紙切れに作文した安全神話が,自然の猛威の前に崩壊していく過程が国民の目に焼き付けられた。連鎖反応は原子炉だけではなく,地震・津波ありとあらゆる災難が雪崩を打って日本に襲いかかってきた。
この様子を何と表現しよう。まさにこの世の終焉である。
ばかげた政治,ばかげた公務員の背信行為,ばかげたマスコミ,ばかげた痴呆番組,ばかげたタレント・・全てに天罰が下ったのだ。

今後,安否不明の人の捜索,災害地域の生活の復旧,全国の輸送網の復旧整備・・・
どれだけの時間とどれだけの費用が国庫を襲うのだろう。
一部地域の不幸な人に救済の手を・・などといった話ではない。国民全体が崖っぷちに立たされた被災者である。

Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。