*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

2010年10月の記事一覧

--.--.-- スポンサーサイト
2010.10.10
2010.10.02 尖閣列島問題

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.10
中国民主化活動家ノーベル平和賞受賞
ノルウェー政府:中国の脅しには屈せず、劉氏を祝福

これぞ正しい国際政治!

中国の漁船が尖閣諸島沖の日本領土を侵犯し,巡視船に衝突する暴挙。
日本政府:犯人を逮捕するも,裁判に掛けることなく釈放し,しかも衝突のビデオ映像の全面公開を見送る方針を固めた。
(理由)公開すれば、中国が態度を硬化させ,対中関係修復の流れを壊しかねない。

日本の現政府に政治の理念はないのだろうか?相手の顔色伺いながらその場その場を波風立たぬように切り抜ければいいとでも思っている?そのためには国民に情報をシャットアウトする手段も敢えてとる?
これでは情報統制をする中国共産党社会を笑えないのでは?暴力団をはびこらせる最大の原因は泣き寝入りだ。国際政治においてもしかりである。日本は法を無視した中国の蛮行に対しなぜ毅然とした態度がとれないのであろう。金儲けができるからと節操なく中国とつき合う風潮は見直すべきである。


歓迎 ==> 下の「comment」をプチッ!と

スポンサーサイト

尖閣列島問題

2010.10.02
尖閣列島
今,尖閣が熱い。
中国共産党の強欲で強権的な態度には壁々するが,見方を変えれば,中国に付け入る隙を与えるような実行支配しかしてこなかった我が国民,もっと言えば,前自民党政権の希薄な国境意識に最大の問題があったと言えよう。
人が常時住みにくければ,海洋や植生,天候の無人調査設備の設置,漁民の避難港の建造等 いくらでも現地を国土と利用しているというサインを内外に示す手段はあったはずなのに,なぜこのような努力を怠ってきたのか。
その怠慢さが今日の危機をまさに招いているのである。その自民党を長期にわたり選択してきた日本人は,領土問題のないところにわざわざ領土問題の種をまく行為を実行した共犯者である。
特に地下資源の存在が取りざたされた後,どうして積極的に国土の権利をアピールする行動を起こしてこなかったのか,理解に苦しむ。中国に強奪されたとしても,相当の非はこちら側にもあることを肝に銘じなくてはならない。


歓迎 ==> 下の「comment」をプチッ!と
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。