*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

2008年02月の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前提が覆る

2008.02.20
アルツハイマーのお袋と会話していると,ある種,新鮮な驚きがある。何十年も前のことや自分の生年月日は覚えている(おそらくこれもいずれは芳香剤が蒸発してなくなってしまうように消滅するのであろう)のに,不思議なことに1分前に自分の喋ったことは忘れながら会話してくれるので,おそらく他人がこの会話を聞いたら怪訝な顔をするだろう。おそらくお袋に一人で買い物に行かせたら,1つの品物に何度も代金を払ってしまったり,何回もおつりを要求したりするだろう。これでは社会生活は成り立たない。記憶が消えるということはこういうことである。
我々の生活にはあまりにも当たり前すぎてその前提に気付きもしないことがあることに気付かされる。それが失われてみて初めてその事態の深刻さに気付かされる。
そのいい例が,報告書や品質表示の偽装である。これらはその前提として「嘘が書いてない」ことが仮定されている。
昨日のイージス艦が漁船に衝突した事故でも,事故発生後1分で救助活動に入ったことが報告書に載っているそうな。しかし,専門家の意見によると,実質上そのようなことは不可能であるという。事故の報告ですら1時間以上かかったという対応を見ると,なるべく責任を回避しようという思惑がはたらいたことは想像に難くなく,虚偽の報告書という禁断の手を使ったのであろう。
昨年来騒がれている食品の偽装表示なども,これをやり始めると表示自体を疑わなくてはならなくなり,表示することの本来の意味(消費者への情報開示)が完全に失われてしまう。問題になっている中国製の冷凍食品の場合,その表示が中国製であることで消費者はその購入を差し控えることが出来るが,もし中国製であるにもかかわらず他の国名を偽装表示してしまうと消費者は即,危険に曝されることになる。おそらく,中国製品の買い控えの先にあるのは製造元表示の偽装であろうことは容易に予想できる。昨年の「今年の漢字」に「偽」が選ばれたというニュースは記憶に新しいが,この勢いだとしばらくこの漢字が幅を利かせる年月が続きそうである。
これだけはやってはならないという、我々の内なる堅牢な倫理観の確立が急務であるが,これは一朝一夕には出来ない。やはり教育という百年の計にかかっている。

スポンサーサイト

「赤福」って禁断症状があるもの?

2008.02.07
赤福再開

製造日偽装で営業禁止処分状態にあった「赤福」の販売が開始されたそうな。
ところがその発売に際して,徹夜組を含めて約300人の長蛇の列ができたそうな。中には十何時間も並んでいる客もいたとか。消費者の信頼を裏切ったことに対する不買運動の影響でほんのまばらな客の出足であったというならまだしも,これはどう考えても常軌を逸した光景じゃないか?
たかがあんこ餅だろ!
そんなに十何時間も待ってでも買って食べなければ我慢できないとすれば,それ自体食いモノとしてアヤしいだろう。いったい何入れてんだ!ってツッコミたくなる。
このような盲目的なブランド崇拝が,製造元をのさばらせ,人気の上にあぐらをかいて消費者を裏切る行為に走る原因になっていることを消費者側も自覚すべきであろう。
まっ,もっとも赤福が再開されることで恩恵に浴する「桜さん」たちによるご祝儀買いの臭いプンプンだが・・・

PASMOで自販機のジュースを買うとき,つい言ってしまう一言

2008.02.07
この紋章が目に入らぬか!
この後のガラガラガチャーンという音が「ハハッー」と聞こえるのは気のせい?

恐竜の化石発掘???

2008.02.06
中国河北省にある天洋紀と思われる地層から,「メタミドホス」,「ジクロルボス」の化石が次々に発掘された。さらに新種の恐竜の化石の発掘が期待されている (^^ゞ

中国の命取りになりかねない

2008.02.01
殺中剤
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。