*Polaris

盤上の天元。 天空の極星。 我の目指すは なへんにありや。
Home未分類 | pet | センター物理 | 特別授業 | 授業連絡 | 出来事 | 時事ツッコミ | 囲碁 | スポーツ | フォト日記 | 今日の一言 | 世相ぼやき | 言葉遊び | カラオケ | 西武線に一言 

西武線に一言の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

到着駅の車内放送

2015.07.12
これは西武線以外でもやっているかもしれない。はっきりとした記憶はない。
例えば次の停車駅がA駅で、その次がB駅だとする。A駅が近づくと「次はA駅に止まります」というアナウンスが流れる。ここまでは極めて常識的なアナウンスだと思う。それでやめておけばいいものを「A駅を出ますと次はB駅に止まります」といって放送が終わる。一見、次に止まる駅のその次の駅名まで知らせてくれるので、より親切に感じるかもしれないが、これが実に問題を引き起こす。そもそも、乗り馴れた電車であり、意識がしっかりしている状態では、車内アナウンスの必要性はあまり感じない。例えば疲れて座席にぐったり座っていて、睡魔と戦っている状態で、自分の降りる駅名のアナウンスでハッと我に帰るといった場面は誰にもあるだろうし、電車でよく見る光景である。このアナウンスの有難さを感じる瞬間であるが、えてしてこのような状態では、放送でハッと気づかされた時に脳裏に鮮明に残っている言葉は、最後の言葉であることが多い。例えば、B駅で降りなければならない時に、放送の最後の言葉が、「・・・B駅に止まります。」で終わっていると、その言葉だけが朦朧とした脳裏でこだまして、慌てて降りたら、A駅だったということになる。もし終電だったりすると、ひどい目に遭う。・・・実際に何度か遭ったから言っているのだ。どうしても、「A駅を出ますと次はB駅に止まります」と告げたいのであれば、そうしてもらって結構だが、アナウンスの最後は、シンプルに「次はA駅に止まります」で終わらせるべきであると思うがいかがであろうか。

スポンサーサイト

傘の忘れ物

2015.06.08
忘れた傘の連絡が西武線の遺失物係から携帯に入った。傘の柄の部分に携帯番号と名前を紙に書いて巻きつけておいたからだ。とりあえず気休めにと思って、まさかわざわざ本当に連絡してくれるとはありがたい。電車で忘れ物の傘に気付いた人がいただろうに、その人たちはおそらく持っていかなかったのだろうし、電車を最後に見回る車掌が回収したものだろう。いろいろな善意か積み重なってこういう結果になったのだと思う。こういう点では日本は本当に安全で住みやすい国だとつくずく思う。この公徳心の溢れた風景が最近いろいろなところで壊されていくのを感じているだけに、こういう経験はホッとさせる。

西武線のドアを開けるタイミングが遅い件について

2013.08.07
2013.06.30 の「ドアを開けるタイミング」で西武線のドアを開けるタイミングが遅いことを書いたが,その原因が判明した
今のところ西武多摩湖線で実際に乗った電車でこの目で確認をとっただけであるが,何と,いつのまにか電車の乗務員が一人になっていたのである。記憶によると,以前は電車の前の運転席に一人,後ろに一人合計二人はいたはずで,電車の後ろの乗務員が,ドアの開け閉め,安全確認,場内放送,etc をやっていて,運転手は運転に集中していたはずである。ところが今では,運転手がこれらの仕事を全て一人でこなしているようである。従って,電車が駅のホームに停車しても,各種ハンドルの位置確認や,移動時間で5〜6秒の時間がかかる。これが,ドアの開け閉めを微妙に遅らせていたのである。また気のせいかもしれないが,お見受けした乗務員がかなりの高齢者だということもある。

おそらく事業の効率化の一環としてやっているのであろうが,安全管理面で大変問題がある。いざ何かが起こったとき,乗務員が一人と複数いるでは,乗客対応に生じる支障に雲泥の差あろう。脳天気な西武線は,依然,「ただいまテロ対策中」のテロップを何年にも渡って,雷雨で電車が止まるという緊急時でも,平然と垂れ流しているが,本当に見せかけの対策でごまかしているのだろうということが見え見えである。

ドアを開けるタイミング

2013.06.30
最近,西武新宿線に乗っていて気になることがある。それは電車が駅についたあと,ドアが開くタイミングが遅いのである。
他社線でこんな経験はない。特に急いでいるとき,電車のドア近くに立って到着駅に着くのを待っていると,電車が止まってから数秒ドアが開かないので相当いらいらする。最初はたまたまだろうと思っていたが,どうもそうではないようである。ルールとしてわざわざそうしているようである。またまた西武スタンダードのへんてこなルールを作ったか?この「待ち」に何の意味があるのだろう。

耳障り

2013.03.17
以前にも書いたが,利用している西武新宿線が,というよりは西武鉄道がといった方がいいのだろうが,実におかしなサービスを継続している。
それは,盲導サインのつもりらしいのだが(車掌に尋ねたらそうという話であった),電車の全ての乗車口に機器を取り付け,およそ3〜4秒毎に「プーーン」という電子音を鳴らすサービス(?)である。その存在の意義が不明な代物である。気になり出すと実に耳障りな音で,新幹線などでしつけの悪い子供がゲーム機をいじっているときにいらいらするあの電子音を思い起こさせる。ところで,西武線は乗り継ぎを非常に重要視する線で,1本の電車が何らかの事故で遅れると,それに乗り継ぐはずの電車がずーーーと待って,乗り継ぎを完成させようとする。電車の遅れは連帯責任か!最終便がらみのときはそうして当然であるが,そうでない通常の時間のときは,乗客の大半は待たされる側の人間なのだから,時間通りに運行してくれないと困る人間もいるはずである。出発の時間がきても4分5分と遅れた電車に付き合わされるのは,自分に落ち度がないだけに勘弁して欲しいと思うであろう。さらにこの間,タダでさえいらいらさせられているところに,追い打ちをかけるように単純な電子音を3〜4秒毎にずーーーと聴かされる乗客の苦痛を考えたことがあるのだろうか。こんなサービス本当に要るんだろうか?目の不自由方に不便をかけたくないという精神は買うが,もっと他にやり方があるだろうに。紛争解決に金だけ出して人的分担をしない,世界から顰蹙を買う日本の態度に通じるものがある。駅員が一人ホームに出て注視していれば済むことを,それをさぼって,家畜を呼び寄せる鳴子よろしく電子音を機械的に流すことでこと足れりと判断した担当者のセンスを疑う。目の不自由な乗客は,その存在を共通認識としてもっているのだろうか。もしそうなら,他の鉄道会社も設置しているだろうに。こんな浅薄で暖かさを感じないサービス一刻も早くやめて欲しい。


歓迎 ==> 下の「comment」をプチッ!と
Template by まるぼろらいと

Copyright ©*Polaris All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。